不用品の処分はプロに任せよう

>

自分で処分出来るものと出来ないもの

出来るもの

まずは、自分での処分が可能な不用品について見ていきましょう。

自分で出来る処分品の代表的なものは、洋服などの衣類や本類、CD類や化粧品、そして食器類などが挙げられます。
要するに、比較的そんなに大きくないものですね。

では、それらは一体どうやって処分するのがいいのでしょうか。
結構、簡単な方法がたくさんあります。

そのままゴミとして捨ててしまうのも別に構いませんし、誰か欲しいというお知り合いにあげるのもいい手です。

また、リサイクルショップやフリマアプリなどに出品して、ちょっとしたおこづかい稼ぎに利用するのもお得なやり方です。

こちらに記しているのはほんの一例ですので、各々の好きな方法で処分していくといいと思います。

出来ないもの

では、その逆で自分での処分は不可能な不用品とはどんなものがあるのでしょうか。

それは、いわゆる家具や家電類です。
ベッドやタンス、机や椅子などの家具類とTVやパソコン、冷蔵庫などの家電類はご自分での処分は残念ながら出来ません。
もしするとなると、そのときはプロの不用品の処分業者を呼ばないといけません。
確かに、これらの不用品自体も重たいものが多いですし、処分に関する手続きが必須だったりと手間がかかるものが結構たくさんあります。

中には、自分で処分しようと山奥や空き地に放置する方も出てきますが、それは立派な不法投棄になってしまいます。
もしばれたらしかるべきところに罰せられますので、絶対にやめておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る